otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

検察はプジョールの隠し財産の出所をしっかり調査するべきだと見ている。

|


前カタルーニャ州知事ジョルディー・プジョルの隠し財産に関して、検察側はその出所を明らかにし、きちんと調査するべきであると、バルセロナ裁判所命令31号に記した。 


検察側の代表者は、現在のところ、裁判所が提示したプジョール氏の隠し財産に対する調査を、限定的に行うということに賛成である。


しかし、これはこれ以上マネーロンダリング等に関する調査をこれ以上しないということではない。 実情は全くの逆で、皆がもうすでに考えている、公共事業の資金を海外の銀行口座に送り、隠し持っていたという飛躍した結論を裁判所に提出するのではなく、少しずつ証拠を集めて、隠し財産に関する言い逃れのできない証拠を集めるためである。


検察は現在、プジョール氏の弁護団が裁判所に提出した証拠の真偽を確かめている。


資金の出所はどこなのか、隠し財産と呼ばれている口座の情報と証明書を明らかにする。結局のところすべては簡単なことです。と、裁判官。


関連記事

プジョール氏の父親は、遺書に外国に隠してあった遺産に関して言及していなかった。

裁判所はカタルーニャの父プジョル氏の家族を召喚

プジョール事件、科学捜査部も証拠隠蔽に協力か。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。