otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセナス元国民党会計員、保釈金20万ユーロ

|


元国民党(PP)会計係のバルセナス氏、保釈金が20万ユーロと発表された。


1月20日火曜日、元国民党(PP)会計係のバルセナス氏の保釈を求める控訴をうけ、監視レベル第4位の比較的軽い監視レベルの刑務所から出るための保釈金が20万ユーロであると発表された。


こちらが判決文(西語)


保釈金を支払っても、国外へ出る事のないようにパスポートは取り上げられ、月曜日、水曜日、金曜日は裁判所に通わなければならない。


ルイス・バルセナス・グティエレス

ウエルバ出身1957年生まれ。 国民党(PP)の元会計係。2009年にグルーテル事件に関与していたと嫌疑がかけられ辞職。  同じくPPの上院議員であった。 2011年9月、証拠不十分のため告訴は取り下げられたが、2012年3月、Audiencia Nacional 最高裁判所が再び告訴する。

裁判官のパブロ・ルス氏がスイスの銀行に氏の銀行口座情報開示の嘆願書を送り、結局2200万ユーロの隠し財産が見つかった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。