otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

看護師会の2014年度アンケート

|

2014年に行われた看護師労働者組合による約2400人を対象にしたアンケート調査によると、約80%の人が彼らが所属する部門、もしくは本部で10%から50%の従業員の削減が行われたと答えた。


アンケート結果によると、60%の看護師が、患者への対応が悪化したと答え、反対に25.65%は改善したと答えた。


通常営業における医療材料(マスクやガーゼ等)に関しては、21%が十分にあり、適切な材料があると答え、40%は適切な材料があるが、在庫が十分ではないと答えた。 23%は適切でなく、在庫も十分ではないと回答。


一方、ここ数か月の職場環境に関するアンケート結果は、40%もの人が悪化したと答え、12%が改善したと答えた。 その他は、変わらずと回答。 


さらに、自分の仕事で自律的に専門的なスキルを開発することに関しては、60%が”可能だが、難しい”と答えた。 20%は”できない”と答えた。


アンケートの中では、「もし昔に戻れるなら、また看護師という職業を選びますか」というのがあり、これに対しては39%が「はい」、38%が、「おそらく選ぶ」と答え、4%が「いいえ」と回答。


最後に、64%の人が看護師になりたくてなった、と答え、23%は否定し、12%は看護師になって後悔していると答えた。



関連記事


カタルーニャ州保健機構ICS重役、相次いで辞令 公表はされず



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。