otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カナリアス諸島で行われていた海底資源調査終了

|


レプソル社が去年11月18日よりカナリアス諸島で行っていた天然ガス海底資源調査を本日終了したと発表した。

得られた試料を分析した結果、メタンガス等があることが判明したが、不純物が多く採算が見込めるほどの量が無い事が分かり、調査を打ち切った。


レプソル社によると、今後この地域でのさらなる調査は行われない模様。 調査船ローワン・ルネッサンス号はアンゴラに寄港し、今後の天然ガスの海底資源調査プログラムを継続する。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。