otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

政府議会関係委員長のホセ・ルイス・アイリョンは、カタルーニャ州知事アルトゥール・マス氏に対し、憲法違反を行わないよう警告

|


政府議会関係委員長のホセ・ルイス・アイリョンは、昨日カタルーニャ州知事アルトゥール・マス氏が今年9月27日にカタルーニャ州選挙(27S)を行うと発表したのを受け、カタルーニャ憲章はスペイン国の憲法の下位であり、選挙日前後を問わず憲法違反した場合、即刻マス氏を訴訟すると警告した。


また、今年の9月にカタルーニャ州に住む人々は、今後数年どのような道を歩むか決定する機会を与えられた。 しかし、毎日の無意味な(独立に関する)話し合いをすぐやめるべきだ。 スペインに住んでいる他の州の国民たちにとって最も重要なのは、安定した政府と、経済危機からの回復、憲法である、と付け加えた。


最後に、今回の州選挙発表によって、アルトゥール・マス氏の現在抗争中の9Nの件(去年カタルーニャ州が行った独立に関する非公式な住民投票)に関しての裁判には何ら影響を与えない。 すべての人々は、法律の前では平等であるべきだ、と締めくくった。


関連記事

カタルーニャ州選挙 2015年9月27日に決定

絶対多数を勝ち取れば、2016年には州は独立する  カタルーニャ共和主義左翼(ERC)党首、オリオル・ジュンケラス氏

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。