otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

公衆衛生保護協会(La Asociación para la Defensa de la Sanidad Pública)は、C型肝炎専門家委員会の独立性に疑問を呈す

|


公衆衛生保護協会は、保健省に属するC型肝炎専門家委員会が、肝炎患者を治療する医薬品の特許を持っている製薬企業との癒着があると指摘し、委員会の独立性に疑問を呈した。


ジョアン・ロデス(Joan Rodes) スペイン国内で多国籍製薬会社とのつながりが最も強い人物。 ホスピタルクリニック病院の民営化推進者。


その他のメンバーで、ラモン・イ・カハール病院の消化器科部長のアグスティン・アルビリョス氏は薬物学の研究でGilead社(C型肝炎新薬の製薬会社)と共同研究を行い、マドリード・コンプルテンセ大学アルフォンソ・モレノ教授はファイザー製薬財団の資金援助があった。


ヴァルデシーリャ病院の消化器科部長ハビエル・クレスポ氏は、Gilead社より資金提供を受け、新薬の臨床実験を行っていた、また、その他の臨床実験も同社より資金提供を受けていた。


また、Gilead社のライバル会社でC型肝炎に関する新薬を開発している会社がFDAからの認可を保留されていると指摘。


公衆衛生保護協会は、「製薬会社の既得権益確保のために、市民の健康への権利よりも経済的利益が優先されていることは明らかである。 スペインの医薬品が患者たちの権利を守るよう、スペインの保健省に強く要請する。」と語った。


関連記事

C型肝炎患者団体、次の土曜日にマドリードでデモ

肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。

医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する

C型肝炎患者団体は、次の月曜日に前保健大臣アナ・マトに対して訴訟を起こすと発表した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。