otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

テレサ・ロメロと専門医、本日民事調停で召集される

|


テレサ看護師助手は、診察時にエボラ出血熱に感染している可能性があったにもかかわらず、正直に申告しなかったとして、当医師から訴訟されていた。


看護師助手が保健センターで診察を受ける4日前に、エボラ出血熱に感染したペドロ・ライン・エントラルゴ宣教師をカルロス3世病院に搬送を行ったことを言わなかった。 また、この時エボラ出血熱の初期症状である38.7度の熱が出ていたが、そのことに関しても言及しなかった。 


医師の担当弁護士は、テレサ・ロメロ看護師助手が保健センターに予めエボラ出血熱に感染していた宣教師を介護したと届け出ていたとする主張が虚偽であると考えている。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。