otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

LFPは、暴力行為に対する懲罰と規約の変更を全会一致で決定。

|


プロサッカーリーグの会長、ハビエル・テバスと、スペインスポーツ上級理事会会長のミゲル・カルデナルは、サッカーでの暴力行為と戦うため、クラブチームに対する制裁の範囲を広げることで全会一致で承認したと発表した。


制裁には、スタジオの一部、またはすべての閉鎖、ポイントの減点、降格、重役たちの更迭、また試合に参加するすべての選手への監視などが含まれると、カルデナル氏は発表した。


テバス氏は、「相手を侮辱するような応援歌や、侮辱するような発言は、スタジオの一部閉鎖ということもあり得る。」と説明した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。