otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プジョール事件、科学捜査部も証拠隠蔽に協力か。

|


アンドラ公国の全国紙Diari dAndorra紙によると、プジョール事件に関する銀行口座の情報が、バルセロナの裁判所命令31により、プジョール家から提出されたが、それらの情報は、科学捜査部により情報が偽造されていたと報じた。



科学捜査部の情報は、映像のキャプチャー画像と、2010年12月から2011年1月の間のたった一か月間の11回による300万ユーロに上る送金などの口座の情報だけであった。 キャプチャー画像では、1センティモまで正確に記載されているが、Diari dAndorra紙によると、次の三点で証拠がねつ造されていると報じた。


1点目、情報開示時期によるねつ造。 科学捜査部によると、プジョールの家族の銀行口座に関する情報を7月1日にアンドラ公国からの情報とともに書類を作成している。 しかし、パブロ・ルス裁判長が初めてアンドラと、スイスに情報開示を求めたのは、7月29日であり、7月31日に検察庁反汚職部が両国に情報開示を求めたという公式文章が裁判命令として発行されている。

つまり、7月31日以前には何の情報開示の指示も出ていないのに、捜査部が7月1日付で情報を持つのはおかしい。


2点目、映像のキャプチャー画像のねつ造。 アンドラ公国にて、プジョール氏とマルタ・フェルソーラ女史が銀行で会合した時の画像。 通常、アンドラではどのコンピュータにも名前が表示されることはなく、その代わり国民番号が表示される。 さらに例えば、マルタ・フェルソーラの国民番号がAN91089だとして、画像には46159010という別の番号が表示されていた。


3点目、画像情報の出どころ。 科学捜査部によると、画像は銀行からボランティア的に提供されたと発表されている。 この画像からわかるのは、送金先であり、送金元の画像ではないということであるとのこと。 つまり、画像を説明する文には、送金元と書いてあるが、画像を見る限り、送金先の銀行の画像であった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。