otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインイスラム団体は、チャーリー・ヘブド銃撃事件に対し反対集会を開いた

|


スペイン国内にある50以上のメスキータと、イスラム団体は、日曜日13時からマドリードのアトーチャ広場にて、パリで起きた銃撃テロ事件を受け、テロ反対集会を開いた。


今回の集会は、アラブ文化財団主催で反テロ、反ラディカル集会として開かれた。 どう団体は、犠牲者とその家族に哀悼の意を表し、フランスで起こった事件に対し遺憾に思うと語った。 また、いかなる暴力行為も許してはならず、反社会的行為であると批判した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。