otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

C型肝炎患者団体は、次の月曜日に前保健大臣アナ・マトに対して訴訟を起こすと発表した。

|


型肝炎患者団体は月曜日に前保健社会政策・男女共生大臣アナ・マトに対して、有効な薬剤が合ったにも拘らず、導入を制限して4000人もの患者を見殺しにしたとして、訴訟を起こす。


同団体の代表者マリオ・コルテス氏は、Gilead社から販売されているSovaldi(sofosbuvir)を使用すれば、死亡した4000人に何らかの有効な影響があったはずだと語った。


先週の土曜日に同団体主催によるデモ行進がマドリードで行われた。


「事態は一刻を争う問題だ。 重要なのは、新薬をいかにして手に入れるかであり、無用な文言や、嘘の約束などいらない。」とコルテス氏は語った。


関連記事


肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。

C型肝炎患者団体、次の土曜日にマドリードでデモ

医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。