otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ユダヤ人経営の食料品店の攻撃を指示した人物が、ソーシャルネットワークにビデオを流す

|


5人の犠牲者を出した、ユダヤ人経営の食料品店立てこもり事件の首謀者とみられる人物が、ソーシャルネットワークを介してビデオを流した。 彼はイスラム国に忠誠を誓うAmedy Coulibalyと分かった。


彼は、銃器が並べてある部屋で、「これから行うことは、正当防衛である。」と発言。


この人物は、先の12人の犠牲者を出した、雑誌社襲撃事件の二人の兄弟の犯人サイド、とチャリフ・コウアチと連絡を取り、雑誌社襲撃を企てたことで知られている。 「時には一緒に行動し、時には離れて行動していた。 世界に対する衝撃を最大限に大きくするために。」と語った。

「我々の預言者をこのような形で侮辱されてどうすべきか。 私はパリにある多くのメスキータを回った。 そこには屈強な若者がたくさんいた。 このような若者がたくさんいるのに、なぜ我々の預言者を守れないのか。」と付け加えた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。