otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランスで追悼の意を掲げ70万人の大規模デモ行進

|

フランス各地で起こったデモ行進の多くは沈黙のまま行われ、多くのデモ看板に「私たちみんなチャーリーだ。」と書かれていた。


警察の発表によると、南フランスのトゥールーズで最大規模のデモ行進が行われ、公式には8万人が参加したとあるが、他の情報筋では10万人とも言われている。


また、パウという町では、人口8万人のところ、半分の4万人がデモに参加したと市長は発表。


オルレアンスで2万2千人。 ニサで2万5千人、ナンテスで3万人、リイェで2万2千人、バサンソンで2万人のデモが行われた。


しかしこれは明日のデモ行進の前振りにすぎない。 明日、1月11日現地時間で15時からパリのリパブリカ広場でテロリズムに対する大規模なデモ行進が行われる予定である。


フランス大統領をはじめ、外国からはラホイ首相、イギリスからダビッド・キャメロン氏、ドイツからメルケル首相などが招待されている。


オランド大統領は、フランス全国民に対し、明日のデモ行進に民主主義と、自由と複合社会を守るために、参加してほしいと発言。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。