otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

医療品工業協会理事会はC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力する

|

前バルセロナホスピタルクリニック病院院長ジョアン・ロデスはC型肝炎に関する国内の戦略プランに協力すると、保健社会政策大臣アルフォンソ・アロンソが発表した。


ジョアン・ロデスは、現在ホスピタルクリニック病院の保健研究所の所長で、バルセロナ大学の名誉教授である。また、2007年より医療品工業協会の理事会のメンバーである。


因みにこの理事会のメンバーは元経済担当国務長官の

ギエルモ・デ・ラ・デヘサ

で現在はサンタンデール銀行の理事会メンバー。


元グーグルエスパーニャのディレクター

イサベル・アギレラ。


アンダルシアの技術協力会の会長

ホアキン・モヤ・アンゲレル、


IESEビジネススクール教授

ペドロ・ヌエノ、


COTEC財団局長フアン・ムレト。


医療品工業協会の理事会は給料は出ないが、会議を行うときには相応の手当てが出る。 年に3,4回ほど会議が行われる。


関連記事

http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/205117/c?prev=1

http://www.pressdigitaljapan.es/texto-diario/mostrar/205095/?prev=1

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。