otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

セスク・ファブレガス選手「メッシを引き入れようと思われているのは心外だ。」

|


彼はまず、自身のチェルシー移籍の出来事に関して語り始めた。

「数ヶ月前はチェルシーの事なんか全く想像していなかった。 アーセナル時代以上に。 しかし、サッカーに絶対はない。 決断するのにためらいはなかった。 一度バルサを離れると決めたら、なにが最良な選択肢か、エゴになれ、自分のことだけを考えよと決めた。 モウリーニョと話して、もう十分後には決断は承諾された。 分かってくれた。 その一週間後にはリーガの最終試合だった。 バルトメウ会長とズビ氏に電話をして、三日後にはすべてが終わっていた。」


次に彼は、メッシとルイス・エンリケ監督の確執の噂に関して語った。

「作り話だと思うのが自然だ。 メッシはバルサにいて幸せだし、彼は監督といて幸せだ。」 続いて、彼がメッシをチェルシーに引き込もうとしているという噂に関して。

「メッシに対してチェルシーに来いと言えると思われているのは心外だ。 自分が契約に口出す立場ではない。 私はただのサッカー選手だ。 彼は、彼がさらに幸せになるために行動すればいい。 個人的に彼の友達として、サッカー選手として、もし彼と一緒にプレーをすることが出来れば、その時は是非一緒にしたいと思う。 私はルイス・エンリケ監督を知らない。 レオはよく知っている。 ただ、噂が本当に起こっているというのはとても疑わしい。 なぜなら彼はとてもおとなしく、彼と一緒にいた3年間でそのようなことは一度も見た事が無いからだ。」


レアル・マドリードの選手との関係について。

「最終的にみんな優勝したいのだ。 マドリード対バルサの対立後はとてもうまくいったと思う。 ただ、ライバルだった人が、同僚になるのは難しい面もある。 でも私達はうまくやっている。 今は、選抜チームの中に仲のいいグループもある。 ラモン選手に対する怒りはもうない。 


次の月曜日にあるバロンデオロについて。

「三人ともバロンデオロを手にする事が出来ると思う。 ただ、一度自分も指名されてみたい。 世界最高で、もっとも才能があるのはメッシだ。 戦略性に長けていると思う。クリスティアーノはストライカーとして秀でていると思う。 ユナイデットでやっていた彼の戦略とは違っているが、もしストライカーとしては怪物だ。 自分と同じチームで試合をするなら、私は何時でもメッシを選ぶ。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。