otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインとアンドラ公国は、二重課税問題、脱税問題に関する協定を締結した。

|


ラホイ首相とアンドラの首相アントニ・マルティ氏は記者会見の場で今回の合意は、二重課税問題を解決することによって、両国への投資額が増える事を期待しており、重要な合意だったと語った。


今回の協定には、2010年に両国間で締結された、情報の共有に関しても盛り込まれているが、アンドラは2018年まで情報開示を自動で行うシステムが無いため先延ばしにされる。


アンドラ側の情報開示に関する今後の方針は、経済開発協力機構(OECD)に加盟している国が、2018年より自動的に情報を開示するシステムを開始するのに合わせる予定。


ジョルディ・プジョールに関して


今回の会合では、その事に関して一言も話さなかった。 この件はスペイン国内の問題であり、国内で解決しなければならない問題だからだ、とラホイ首相。

また、アンドラ公国首相も「カタルーニャ州の事に関して何も話さなかった。 そのテーマは政治的にスペイン国内で、とても重要なテーマであるのは分かっている。 スペイン国内の問題なので、内政干渉をするつもりは全くないし、スペインが解決していく問題だ。」と語った。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。