otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

クリスマスの日、男性が心臓発作で死亡。 年中無休の病院で休業、他の病院に搬送中だった。

|


クリスマスの夜、トレフォルタ出身の76歳薬剤師男性が心臓発作で死亡した。 タラゴナの病院に搬送されたが、診察をする医者がおらず、バルセロナに搬送される道中でベンドレイ付近だった。 


タラゴナのジョアンXXⅢ病院は年中無休で診察を行っているが、当日は朝8時から夜8時まで診療可能であった。


現地紙TarragonaDiariによると、患者は、19時05分に救急患者として搬送された。 血行力学性心筋梗塞と診断され、緊急手術が必要だった。 当日、緊急手術が可能な病院がバルセロナのベルビッチェ病院しかなく、搬送された病院から1時間くらいかかる距離であった。

CUS(Coordinadora de Usuarios de la Sanidad)(医療患者のコーディネータ)は、同病院に対し、年中無休としているのに、それに即していない。 さらに、百歩譲っても当時まだ診療時間であったはずだ。」と批判した。 また、「カタルーニャ州のどの病院も、血行力学部は年中無休で営業しているはずだ。 病院従業者は、労働時間や、祝日など存在しない。」と強調した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。