otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

プジョール氏の父親は、遺書に外国に隠してあった遺産に関して言及していなかった。

|


前カタルーニャ州知事プジョール氏の父親の遺書には、遺産相続に関して言及しておらず、彼の家族は30年間にわたって違法に金銭の所持をしていた疑い。


ヨーロッパプレスによると、フローレンシ・プジョール氏(前州知事の父親)は1千312万8千647.25(約78904.76ユーロ)ペセタを前州知事とその妹に遺産を相続した。


父親は、バルセロナのサン・ペレ・デ・プレミア(Sant Pere de Premia)の土地300万ペセタ(約18030.36ユーロ)、セダット社の株675万ペセタ(約40568.32ユーロ)、カタルーニャ銀行の株337万5千ペセタ(約20284.16ユーロ)、そのほかの株3000ペセタ(約18.03ユーロ)、そして647,25ペセタ(約3.89ユーロ)の現金を遺産相続した。


1981年に父親が亡くなった数ヵ月後、これらの遺産相続が行われ、フローレンシ・プジョールの遺産は1億502万9千170ペセタ(約631238.02ユーロ)に上った。


フローレンシ・プジョールと書かれた彼の妻に宛てられた遺書の中に、「遺産は私達の二人の子供たち、ジョルディ・プジョルと、マリア・プジョル・イ・ソレイに相続するように。」と書かれていた。


裁判所は、1月27日にジョルディ・プジョル氏と彼の妻マルタ・フェルソラ、息子達ミレイア、ペレ、マルタらを脱税と、マネーロンダリングの疑いで追及する予定であり、外国に隠してあった財産に関して、遺書には書かれていなかった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。