otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン。対テロ警戒レベルが2強から、3弱へ移行。

|



今回の警戒レベルの引き上げは、同日フランスでおこった風刺イラストを載せている出版会社を狙ったテロで、12名が死亡した事を受けてだ。 現在スペインでは、対テロ用の警戒レベルは最大でレベル5. 今回の発表でレベル2強からレベル3弱になった。 大臣は、「備えあれば憂いなしである。 今回のレベル引き上げが徒労であることを願う。」と表明。


また今回、警戒レベルを引き上げたといっても、新しい目標が設定されたわけではない。 アメリカ、イギリス、オーストラリアのようにただ、一般的に引き上げただけである。


警戒レベルを上げると、治安部隊の監視や施設などの監視体制、インフラへのアクセスも制限される状況が生まれる。 去年の6月に、9日間だけレベル3強が発動された事があるが、その時は、フェリッペ6世の戴冠式の時であった。


大臣は、今回起フランスで起こったテロに関し深い追悼の意を表明し、フランスとの恒久的かつ緊密な協力体制を提供したいと語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。