otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ会長ジョセップ・マリア・バルトメウ氏は、今シーズンの終わりに選挙を行うと発表

|

bartomeu250558.jpg

FCバルセロナ会長ジョセップ・マリア・バルトメウ氏は、水曜日の記者会見の場で、今シーズン終了とともに、会長選挙を行うと発表した。

「人気を全うすることは良いことである。」と語り、ここ数週間に起きているバルサの問題に関し、「現在の状況が芳しくない。」とし、クラブチームにとって良い方向になる陣営を模索するつもりだ。


「この決定は、他の重役も承知している。」とのべ、氏の派閥の影響力を行使するつもりだが、最終的に決めるのは会員達だ。 


また、氏は「重要なのは、様々な違った意見があり争っている。 しかしながら、最終的に決定されたことに対して、クラブチームは一丸となって取り組んでいくだろう。」と語った。


スビサレッタ氏の解雇に関して


会長はスビサレッタ氏の解雇に関して「彼は我々が批判できるような人物でもないし、彼に対し怒る人もいない。」と明言したうえで、「彼の仕事ぶりは素晴らしかった、しかしながら、ここ最近の2,3週間、彼に何らかの異変があり、我々は彼を信用することが出来なくなった。 重要な事ではなかったが、信用がなくなってしまえば、それを変えるのはクラブチームにとって良いはずだ。」と強調した。


メッシとルイス・エンリケの不仲に関して


会長は、メッシとルイス・エンリケ監督の間の確執について、否定も肯定もしなかった。「ロッカールームは神聖な場所である。」「クラブチームに打撃を与えたい誰かの罠ではないのか。」と擁護した。


FIFAの制裁について


「FIFA側は、この問題に関して誰が背後で暗躍していたか言いたがらない。」とかたり、「この裁判に勝っても負けても、事実を白日のもとにさらす。」と締めくくった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。