otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フェリペ6世は国王として初めてパスクア軍事式典に出席した

|


フェリペ6世は火曜日に国王として初めてパスクア軍事式典に出席し、軍の最高責任者達の前で尊敬と感謝の意を表した。


国王の演説は、軍の執行部、ラホイ首相、ペドロ・モレネス国防大臣、ホルヘ・フェルナンデス・ディアス内務大臣らが出席した中で行われた。 


「(前国王 ホアン・カルロスが)軍組織の構造改革で並はずれた緊張の中で過ごした。 軍の最高責任者として、スペインの利益に最大の目標を何時も置いている。 本日、この事に対して、任務を全うしている諸君に、尊敬と感謝の意を表したいと思う。」



「先導こそ貢献。 そして貴方達が、祖国を守るという偉大な仕事に就いてくれた事に尊敬と感謝の念を忘れる日は決してこない。」


式典が終わった後、東方の三賢者から招待客にスペインワインが振る舞われたという。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。