otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カルレス・プジョール、バルサを去る。

|


FCバルセロナのスポーツディレクター補佐、カルレス・プジョール氏が自身のFacebookで辞職を発表した。


「FCバルセロナでの仕事を終える事を決定した事を、ここに発表したいと思います。」と始まる文で、バルセロナとの契約を打ち切ることを表明した。


「この3ヶ月半、私はこのクラブチームの様々な部分を見る事が出来る機会を得ました。 とても勉強になりました。とても感謝しています。 今から私は、ほかの事を、違った視点で、違う地で経験して行きたいと思います。」

「私は人間的にもっと成長していきたいと思います。そしてまたいつの日か、このクラブチームに戻ってきて、私に皆さんが長い年月の間与えてくださった多くの事に対して、恩返しが出来ればと思います。」と、彼の人生の大半を過ごしたクラブチームと、コンタクトを維持したい気持ちを明らかにした。


「従業員の皆さま、役員、社長とスポーツマネージャー達がこの無理難題な決定に関して、私を信頼し、助けてくれた事にとても感謝をしています。 ファンのみなさんに対しては特にです。 選手時代にはとても身近に感じていたが、引退してからというものもっと身近に感じられました。」


「みんなと一緒にユニフォームを着ながら別れを告げる事が出来ればどんなにうれしかったことか。 ただ、人生はそんなに簡単ではありません。 今までも、そして今も、こんなに私を愛してくださって、とても幸運に思います。 だからこの言葉しか言えません“ありがとう”と。皆さんはいつも私の心の中にいるということを忘れないでください。 バルサ万歳。」と、締めくくった。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。