otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PODEMOS党リーダーパブロ・イグレシアスは、この月曜日に発表された去年までの失業率のデータに関して、「劇的だ。」と発言。

|


PODEMOS党リーダー、パブロ・イグレシアス氏は、去年の失業者が25万3千627人減少し、雇用保険に加入した人が41万7千574人増えたこのスペインの状況を「劇的だ。」とし、この拡充モデルは「前例のない不安定なレベルに達したという意味だ。」と発言した。

マドリードの12 de Octubre病院でC型肝炎の患者団体と会合を行った後、病院から姿を現したイグレシアス氏は、記者会見の場でこのように語った。

「これらのデータが示唆するところによると、50%もの失業者が何らかの社会的援助を受けられていないということである。 これは、スペインの競争力向上の政策の失敗であり、基本的にバングラディッシュに状況が似ている。 人々の収入がとても少ないのだ。」とイグレシアス氏。


さらに、欧州議会議員のPODEMOSは、現在のスペインの状況は不安定であるとし、その理由を多くのサラリーマンは1000ユーロにも満たない賃金で働いているからだとしている。 


「我々は、十分な賃金、十分な教育、十分な医療を持った国を欲しているのだ。 ただ、政府が公開するデータをみると、それらが不足している。 さらに政治家達は、間違った方向に進んでいる。」とイグレシアス氏は締めくくった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。