otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

国民党(PP)のスポークスマン、ラファエル・メリーノは、下院議会で先週の金曜日に失業者の減少について言及した。 

|


昨今の雇用拡大は、スペインの経済成長率の低さからみると不自然であり、ただ単に雇用保険に登録した人数が増えただけであると、国民党(PP)のスポークスマン、ラファエル・メリーノは、下院議会で先週の金曜日に失業者の減少について言及した。


PPにとって、失業者が440万人まで減少したのは、“スペインは経済回復の重要なフェーズに突入した”意味を持つ。 また、バレンシアで行われた記者会見の場では、ラホイ首相は現在の政府の構造改革を推し進める“信頼と希望”であると発言し、その結果が“実りつつある”と付け加えた。


PPは、雇用増加率の打ち明けで、19%は未だに契約社員であり、25%は25歳未満の労働者であると公表した。 また、42%は障害者の労働者達であり、特に40万人は社会保険を自分で払っていると発表、「それが今の労働者達の現状だ。」と語った。


PPは、さらに失業率を減らすために“やるべき仕事がまだ多く残っている”事を認めたが、メリーノ氏は2014年は、不況が始まって以来初めて労働者が増えた年と位置付け、2015年は穏やかな経済回復を望む事が出来るのではないかと発言した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。