otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

失業者の減少率が1998年以降最大に

|


雇用・社会保障省によると、2014年12月の職業安定所に登録している失業者が440万人となり、年間を通して25万3千627人減で、-5.39%減り1998年以降最大の下げ幅となったと伝えた。


具体的には、去年の最終的な失業者数は444万7千711人で、11月から6万4千405人減少。 月間の下げ幅が-1.4%で1996年以降最大の下げ幅となった。


2014年は男性の失業者数のほうが下げ率が高かった。 昨年の男性の失業率は18万2千204人減り-7.9% 211万2千508人。 女性は7万1千423人減で-2.9% 233万5千203人。


セクター別にみると、農業では1万2462人(6.2%)失業者が増えた。 建築関係では10万9千880人(-16.8%)失業者が減った。 工業では5万5千557人(-10.9%)失業者が減った。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。