otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSOE保健長官マリア・ホセ・サンチェスは、医療機器の21%IVAに対する増税を拒否

|

社会労働党(PSOE)保健長官マリア・ホセ・サンチェスは、医療機器に関する付加価値税が21%に増税された直後、これを無効とした。 さらに国税庁に対し、徴収先は保健所と各自治州の保健システムに直接反映させるよう求めた。


この部門の税率を上げる事は、国民の医療サービスが十分に受けられなくなるだけでなく、自治州の首を締めあげる事になる。 これは、公衆衛生と、スペイン人の財布に対する新たな大槌の一撃だ、と批判した。


この増税はEU司法裁判所の判決によるものであるが、保健長官によると、この判決は法的拘束力が無く、ラホイ首相は医療器具の費用の高騰に対し何らかの対策をすぐに講じなければならない、と語った。 生活必需品にたいして、これ以上支払えない家庭があると、付け加えた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。