otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

肝炎患者が病院に立てこもり。 新薬を求める。

|


カタルーニャ州保健相は、C型肝炎に感染しているバルセロナに住んでいる住民の393人は、2014年により効果的な新薬を使用したと発表。 これは世界的な投資によって全世界で1、978人が投薬を受け、2千2百10万ユーロが費やされた。

この発表は、ジローナのジョセップ・トルエタ病院で軽度のC型肝炎感染者が、この新薬の投与が出来ないことへのクレームで病院に立てこもった木曜日の事件を受けてのものだ。


393名のうち、174名は、Simeprevirを投与、219名はSofosbuvirを投与した。 いずれの新薬も、国民保健サービス(NHS)によって、去年の8月1日と11月1日に新しい抗ウイルス製剤として認可されており、今年中にはさらに効果の高い薬剤が到着する予定だ。


保健相は八月に肝炎、肝臓移植、肝硬変などの患者に対しSofosbuvirを投与できるよう順番待ちのリストを作った。(当時はまだNHSの認証を受けていなかったが。)


同相は患者会、化学者達、肝臓専門医、病院形成医者、薬剤師会との会合を続けており、カタルーニャ保健サービス(CatSalut)の薬物療法の枠組みの中で特定のグループを作成。


このグループの目的は、すべての患者に必要な薬剤の平等な治療の保証を目指すためのものだ。


ジョセップ・トルエタ病院で木曜日から立てこもりをしている15人の患者達は、予定では土曜日に終了する予定で、次回の抗議活動が何時になるか発表する予定だ。


病院の組合代表であるラモン・セルナ氏は、2014年にカタルーニャで治療が受けられた患者数は全く不十分であったと語った。 保健相の情報の透明性を求めた。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。