otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ノース事件の判決に対しクリスティーナ公女は上告する構え

|

2014年12月22日に判決が下された、ノース事件の2件の汚職問題に関して、クリスティーナ公女は申し開きのため口頭弁護を今週金曜日に行った。


バレアレス最高裁判所によると、来週月曜日までは国王の妹を書類送検するつもりはないと発表。


ジャウメ・リウトラド弁護士はカストロ裁判長に24ページにわたる弁護内容を書いた書類を提出した。 パルマの裁判所から出てきたジャウメ氏は、取材陣に対し、「カストロ裁判長に上告の旨を伝える書類を提出した、内容に関しては一切公表するつもりはない。」と語った。


カストロ裁判長は昨年12月22日に、ノース事件に関して17の容疑がありそれらに対する裁判を開く予定であると発言している。 その中にはクリスティーナ公女も関係する事件が含まれている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。