otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

市民保護局は国内の山間部で気温が氷点下5度から10度以上下がると警報、また強風波浪警報もだした。

|

スペイン気象庁(Agencia Estatal de Meteorologia,AEMET)と市民保護局は最大風速80キロメートルのついよい北風を警戒している。 また、バレアレス、及びカタルーニャ州では強風に警戒を呼び掛けている。


さらに市民保護局は、高速道路を使うような場合、車のメンテナンスをしっかり行い、事前の準備をしっかり行うようにと注意を呼び掛けている。 また、運転の際は細心の注意を払い、道路の凍結には注意するように、ガソリンの残量なども気を付けるようにとのこと。 厚着をして、携帯電池の代えもしくは車用の充電器の持参を忘れず、車のタイヤも冬用に代えるかチェーンを持参するよう呼び掛けている。


この寒さは来年1月6日まで続くとされている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。