otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

銀行の偽造カードを使い40万ユーロを騙し取った犯罪者集団を解体。

|

Europa press

スペイン国家警察は銀行の偽造カードを使い、40万ユーロを騙し取った犯罪者集団を解体したと発表した。 これは先日マドリード、コスラーダ、ボアディーヤ・デル・モンテ、コヤード・ビヤルバで17人を逮捕した事によるオペレーションの結果である。


警察のよると、偽造されたカードは世界各国で行われているスキミングを使いデータを盗まれていた。


マドリードで逮捕された17人と、5つの家宅捜査が行われ、そのうちの一つはグループの支払いをサポートする研究所のような場所もあった。


グループメンバーのうちスペインに居住権のあるルーマニア人5人が、カードの情報を盗み出しデータをほかのメンバーに受け渡す。 それを元にカードの磁気情報等を組み合わせ、物品の購入などを行っていた。


カードの不正使用の発見を遅らせるために、盗み取るデータのカードは海外のカードが主で、中国が最も多かった。


スペイン国内で不正に複製されたカードは、実行犯によって様々な店で使用される。 データを盗み取った犯人には10~30%のコミッションが入る仕組みだ。


警察は40万ユーロを騙し取るために、約400枚の偽造カードが使われたと発表した。


このオペレーションにはルーマニア警察の協力もあった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。