otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン外食産業、この6年で初めて成長に転じる。

|

Europa Press

スペインの飲食業界は2014年度、3%の成長率を維持して終わるようだ。

この6年間でようやくプラス成長に転じた。 2015年には、さらに多くの消費者が外食をするだろう。


スペイン外食産業連盟会長ホセ・マリア・ルビオは、この6年間の経済危機で初めて外食産業がプラス成長に転じたと発表した。


今年は約3.4%の成長率で2014年を終わることができるだろう。 閉店開店の差を合わせて、約5千件の新しい店舗が開店した。と発言。


外食産業界の主だった企業、組織等(Club Greco,Fedishoreca,FEHR,Fehrcarem)は、2015年もこの傾向が続くとみている。


楽観論では、2015年は4%の成長が見込まれるとしているが、これは2008年にスペイン全体で、この部門において過去最高の売上を記録したが、それ以上に売り上げなければ4%成長を達成できない。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。