otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

勧業大臣は、2014年の1月から10月までの間に、公共工事に10億7400万ユーロ使ったと発表した。

|

Europa Press

勧業大臣は、2014年の1月から10月までの間に、公共工事に10億7400万ユーロ使ったと発表。 これは、昨年2013年より49.7%多く、スペイン高速鉄道(AVE)事業のお陰であると発表した。


1月から10月の間に勧業省が発表した数字によると、およそ6億8千万ユーロの公共事業費がAVEに費やされ、2013年と比べ、51.5%増であった。

これは全体の63.3%にも及ぶ数字になる。

10月までに契約されたAVEに従事する労働者は96.3%増で、1億2370万ユーロ支払った。


空港・航空管制公団(AENA)も1月から10月まで、労働契約者が68%の増。 5810万ユーロ増えた。 スペイン国鉄は労働者が677%も増えた。 1650万ユーロの支払い増。


港湾も28%の公共事業費が増え、全体で1億9660万ユーロ支払った。


対してスペイン陸運インフラ公社(Seittsa)は0人。 2012年から新しい労働者と契約していない。


勧業省は、このまま行けば13億ユーロに達するだろうと発表した。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。