otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

パブロ・イグレシアと、アダ・コラウがCiUからバルセロナを勝ち取るため、協調体制をとる。

|

Catalunya Press


PODEMOS党の事務総長のパブロ・イグレシアとGuanyem(ganamosのカタルーニャ語)政治団体のリーダーで元PAH(抵当権に関するセーフティネット的なプラットフォーム)スポークスマンのアダ・コラウが昨日会合し、次回行われる予定のバルセロナの住民投票に民主主義改革を起こすため協調体制を敷く事で同意した。ただ、Iniciativa per Catalunya(ICV)はGuanyem Barcelonaの名前の元で投票を行うと、同意まで至っていう無い。

イグレシア氏は、バルセロナで政治的な大きな変化が起きるだろうと発言した。


また、氏は会合の終わりに、民主主義の改革が起こりかけている現状を見て、エリート達は今とてもナーバスになっている。と発言。  アダ・コラウは、「PODEMOS党はこの国の民主化と、政治構造改革を成し遂げてほしいという多くの人たちの希望である。」


ICVのリーダーであるジョアン・ヘレラは昨日、交渉は良い方向に向かうと信じていると発言した。 ICVと、PODEMOSが手を組めば、カタルーニャ自治州という枠だけに留まらない政党になるだろう。 「PODEMOSはCiUのもう一つの選択肢以上のものになる。」とエコ社会主義者のリーダー(ジョアン・ヘレラ)は語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。