otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインは今年11月までに6千170万人の観光客が訪れ過去最高と、産業・エネルギー・観光省の関連研究所が発表した。

|

Europa Press

今年11月までに過去最高の6千170万人の観光客がスペインに訪れ、去年と比べて7.2%増えた事を、産業・エネルギー・観光省のSubdireccion general de conocimiento y Estudios Turisticosの協力により、Encuesta de Movimientos Turisticos en Fronteraが発表した。


11月には340万人の観光客が訪れ、2013年度に比べると、2.9%増。 主な観光客は、イギリス人、フランス人、ドイツ人、北欧、イタリア人等だ。


イギリス人は1430万人が訪れ、4.9%増で、全体の割合は、23.3%。

続いてフランス人が1000万人で11.6%増、全体の16.3%。

次にドイツ人で、990万人。 6%増で、全体の16.1%。


外国人はどこに旅行に行くのか。


カタルーニャは10.8%増で1590万人が訪れ外国人旅行者全体の28.2%が訪れた。 国内1位の数字。

カナリアス諸島には、1040万人が訪れ、全体の16.9%。

マドリッドは420万人で全体の13.2%。


ホテル利用者は全体で3900万人、63.2%で、去年より5.3%増えた。ホテルを利用しなかった旅行者は10.7%で2270万人


また、70.1%もの旅行者がパックツアーを利用しなかった。 去年に比べて7.5%増。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。