otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アメリカ、ピッツバーグの大学で、考えるだけでロボットの腕を動かすことに成功。

|

長年四肢麻痺だったある女性が、この研究に参加して2年。 ついに念じるだけでロボットの腕を動かすことに成功した。 モノをつかんだり、上に持ち上げることが出来た。



ジャン・シューエルマンは四肢麻痺であるが、考えるだけで複雑なロボットの腕を動かすことに成功したと、水曜日にニューラルエンジニアリングジャーナルが発表した。


シューエルマンさんは、55歳女性で、2003年に神経変性の病気を患い、首から下が麻痺した。 2012年からピッツバーグ大学の研究に参加した。 1つに6ミリメートルのセンサーが96個ついたセンサー二つを腕と手の運動をつかさどる脳の部分に外科手術した。


その後、コンピュータと接続し、データを分析してロボットの腕に命令を出すしくみだ。シューエルマンさんはただ考えるだけで、手首を動かしたり出来、ハイタッチやブラックチョコレートを食べた。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。