otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

裁判所はカタルーニャの父プジョル氏の家族を召喚

|


裁判官はジョルディ・プジョルとその妻及び3人の子供達に対し、30年前に受け取ったとされる相続した財産の正式文書が無いことでどこから来たのか疑っている。


ヨーロッパプレスによると、裁判の司法官であるベアトリス・バルファゴン女史は、調べれば調べるほど、疑いの余地はないと発言。


プジョル氏は1980年にこの世を去った彼の父親フロレンシ・プジョルの遺産が外国の銀行に預けてあったものだと主張。 また、彼の息子の妻に渡し、また彼らの子供達にも渡された。しかし未成年者であったことから、第三者に預けられていたと釈明。 しかし、氏はどの国で行われたのか、どの息子だったのか、また第三者とはだれなのか公表しなかった。



ジョルディ・プジョル

1930年6月9日生まれ。 元カタルーニャ州首班。 父親はカタルーニャ銀行を1959年に設立。 その後経営を引き継いでいる。 フランコ死後、カタルーニャ州自治憲章制定やカタルーニャ語を自治州公用語に復活させるなど、カタルーニャの父と呼ばれる。 しかしその後、タックスヘブンでカタルーニャ州のすぐ隣にあるアンドラ国に5億ユーロの財産を隠し持っていたことが発覚。 15億から、18億ユーロの隠し財産があるのではと疑われている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。