otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

無政府主義者犯罪組織11人逮捕の内訳

|

この火曜日に無政府主義者犯罪組織に対する警察のオペレーションで逮捕された11人の内訳は、女性7人、男性4人で、31歳から36歳、国籍はスペイン、ウルグアイ、イタリア、オーストリアであった。


これら11人は暴力的性格のテロリスト行為が最終目的の犯罪組織の容疑でパンドラ事件の一環で逮捕されたと、モッソスエスクアドラカタルーニャ州警察は発表した。


11人のうち8人はバルセロナで逮捕された。 他の一人はマンレサ、もう一人はサバデイ、最後の一人はマドリッドで逮捕された。 州警察はGuarda civil(治安警察)と共同でオペレーションを実行した。


警察は全部で14件の家宅捜索を行った。うち11件はバルセロナ市内で、8件は家、3件は事務所。1件はサバデイ、1件はマンレサ、残りの一件はマドリッドであった。 Audiencia Nacional(スペイン国に多大な影響を与えるようなテロ行為、政治犯が国外で活動している場合の裁判所)の秘密捜査の結果であった。


Kasa de la Muntanya

5人のOkupas(不法居住者)はバルセロナ、グラシア地区、サルットのKasa de la Muntanyaで発見され、早朝5時からの家宅捜索後14時に家から出てきた。 


目撃証言によると、家宅捜査の3分の2ほどが終わるころ、まだ彼らは逮捕されておらず、外に逃げる事が出来た状態だった。 ただ、目撃者ということでそこにとどまるよう裁判所秘書は決めていたが。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。