otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

PSAプジョーシトロエン社 K9をビゴーで生産予定

|

catalunyapress

月曜日にPSAプジョーシトロエン社の重役達とガリシア自治州経済工業大臣との会合があり、ガリシアにとって、また社にとって良いニュースが舞い込んできた。


ガリシア自治州政府首長アルベルト・ヌニェス・フェイホオ氏は2017年よりPSAプジョーシトロエン社の新型車K9をビゴーの工場で生産するということで合意したことを公表した。


「ビゴーに賭けていただきたい。 ガリシアに賭けていただきたい。 私たちはビゴーに7千人規模の雇用創出という最高の報告をしています。 ガリシア全体で自動車関係で従事することになるだろう1万9千人の雇用が見込めます。 ガリシアのGDPを押し上げるでしょう。 また輸出の活性化にもなるでしょう。」とアルベルト氏。


会議の内容によると、ビゴーは大西洋に面した港があり、またビゴーの工場での生産性や質の良さが高く評価された。 


今回の決定ではガリシアの自動車産業部門で働いている従業員及びビゴーの工場の従業員の類まれなる努力が寄与している。 


また、重要なのは、ビゴーの工場、ガリシアの自動車産業、自治州政府の連携である。 このニュースは州のGDP14%に匹敵するだろう。


「このような大きな企業が、ガリシアをまた新たに信じてくれたのは良い刺激効果を生むと思う。 また、この結果はたゆまぬ努力が生んだ結果だ。」とビゴーの工場の従業員の前で謝辞を送った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。