otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

クリスマスの花ポインセチアの由来

|


クリスマスではどこでも見かける花 La flor de Pascua ポインセチア。 店先、家、仕事場この時期ではいたるところで見かける事が出来る。 また、その色も赤、白、ピンクなどがある。 間違いなくこの花はクリスマスの象徴である。 では、この花の由来はご存知だろうか。


この花はクリスマスの花もしくはポインセチアという名前で知られている。 この花の原産地はメキシコで、詳しく言うとTaxco de Alarconという土地であり熱帯性気候の花である。16世紀にフランシスコ会の修道院達の手によってで繁殖され、クリスマス時期にこの花でデコレーションしていた。 これがこの花がクリスマスの時期にデコレーションされるきっかけだった。 1521年から1821年の植民地時代に有名になった。


その後、この花が世界に知られるようになったのは、1825年から1829年までアメリカ公使として駐在していたジョエル・ロバーツ・ポインセットが北アメリカに持ち帰ったためだ。


そしてこの花は普及し、この時期に飾るのが伝統にまでなる。 アメリカでは、1991年に12月12日は「ポインセチアの日」と制定された。 これは1851年にポインセット氏がその日に亡くなった記念日としてである。


この花はアステカ文明によると、その鮮やかな赤色から「純血」の象徴とされている。  また、原住民の生贄の儀式にはこの花が必ず置かれていたそうだ。 また、発熱を抑えるための薬草としても使用されていた。


一方ヨーロッパでは

 欧州連合の国々ではこの花はとても有名であり、2013年では1億1500万株が栽培され、そのうちドイツでは3500万株が育てられた。


スペインに入ってきたのは80年代前半であり、現在ではアンダルシア、ムルシア、カタルーニャ、カンタブリア等で栽培されている。 スペインでは700万株が2013年に栽培された。


伝説

 このクリスマスの花には伝説がある。 メキシコでの言い伝えでは、貧乏な子供たちが、子供のキリストに何かプレゼントをしたい。 しかし何もない。 そこで、この花をプレゼントした。 というものだ。


ただ、もっともポピュラーな伝説では。 その花はもともとは緑色であった。 神はその子供たちの行為に感動し、赤く染め上げた。というものだ。


この逸話とクリスマスの逸話が合体し、クリスマスの花として有名になったといわれている。


この話をご存じだっただろうか。 もうこの花で家をデコレーションしただろうか。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。