otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

原材料名表示義務で変わった10の箇所

|


この土曜日に原材料名表示に関する新しい法律が施行された。これにより、消費者が手にできる情報が変わる。



この新しい法律により、消費者は特に加工食品に関して、さらに簡単に分かりやすく商品の栄養価が判るようになった。


AINIA法律関連所長マリア・フェレール女史によると、消費者は以前より増して何を口にしているかを気にしている。 原産地や、栄養価値などだ。 欧州連合はこれを受け食品の消費者に向けて情報開示に関する法律を作った。


ということで、2万8千社はこの新しい法律を遵守するため新しい原材料表示のシールなどを作った。 どのように変わったのだろうか。


1.文字が大きく見やすくなった。

2.アレルゲンの表示。またフォントを変えて表示。

3.2016年12月13日より、カロリー表示義務、飽和脂肪酸、炭水化物、プロテイン、糖分、塩分の分類表示及びパーセント表示。

4.冷凍した日付、及び解凍した日付。 肉製品、加工していない魚介類などが販売前にいつ冷凍したか、そして解凍したかを表示しなければならない。

5.原産地表示義務。 特に肉製品。 原産国と、主要原材料名の表示。

6.食用油の種類の表示。 菜種油、オリーブ油等。

7.肉、もしくは魚しか使用していないように見えて、実は加工食品である場合、それらの原材料名の表示。(カニカマ等)

8.パック、または真空パックにした時に保護された空間(除菌された空間)でされたという表示。 また、甘味料、カフェイン、グリシン酸、アンモニウム塩、フィトステロール等が使用されている場合の表示

9.アルコール飲料、1.2%以上のアルコール分が入った清涼飲料はアルコール度数を表示。

10.ナノ材料の表示義務。 (食品の抗菌とは関係ないが、抗菌スプレーに銀の粒子等)



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。