otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ガリシア州ア・コルーニャ県でアルコア社のリストラに対する大規模なデモが発生。

|

alcoacoruna53708


デモの主催者の発表によると1万5千人、警察のデータによると4千5百人規模のデモが、ガリシア州ア・コルーニャ県の県都で発生。 アルコア社の同都にある工場閉鎖に伴う400人規模のリストラに対するデモである。



アルコア社はアメリカのペンシルバニアに本社がある多国籍企業で、アルミ製品で世界第3位の規模。 弊社の取引のあるガリシアにある会社の従業員の情報では、強い雨が降る中、煙幕や爆竹などを使い、車などが破壊されたとのこと。人々は口々に「閉鎖はしない!エネルギーの解決を!」、「工業が無ければ未来は無い!」や「国民党の工業大臣はどこだ!」などと叫んだ。


現在、ガリシアの自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のカルロス・ネグレイラ・ソウトが勤めている。 ガリシアでの支持率第二位で、評議委員のガリシア社会党秘書のホセ・ラモン・ゴメス・ベステイロ氏はアルコア社の工場の約40%は電気代だ。と明かした。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。