otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

10人に6人が外食などで重大なアレルギー反応を起こす。

|

alergia53743

cataluña press


クリスマスの時期は宴会などで外食する機会が増える。 スペインのアレルギー及び免疫学協会(Lasociedad Española de Alergologia e Inmunologia Clinica)以下Seaicはこの時期のアレルギーによる事故に警鐘を鳴らしている。

木の実、魚介類など、スペインではよくアレルゲンとして取り上げられる。 クリスマスの時期はこのような食材が使われることが多くなり、Seaicはアレルギー患者に対して細心の注意を払うようにと警告している。


専門家は、特に重大なアレルギー反応が出てしまう患者は、簡単な救急キットを持参すべきであると発言。日本ではエピペンが有名。


2014年12月13日から、消費差は食材に関する全ての情報にアクセスすることが出来るようになる。 たとえば、真空保存されている食材、バルやレストランで提供される食材、学校、病院で出される食材、量り売りされるものまでも消費者は原材料名を確認することが出来るようになる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。