otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

中央政府は、ラホイ首相、大臣達の給料の調整を拒否。 PSOEは何もやらなかった、と前政権を批判。

|

santamaria553643


副首相兼官房長官兼政府スポークスマンのソラヤ・サエス・デ・サンタマリーア女史は、国家保安局から、政治家の給料に関して、世界基準にすべきではないか、また金額の差の是正をするべきではないかとの問いに、「現在執行部はラホイ首相、並びに大臣達の給料を変更する予定は無い。」と答えた。


また、”長い間”与党であったPSOEのペドロ・サンチェスは給料体系に関して”何も”しなかった、と批判した。


木曜日にペドロ・サンチェス氏は200名以上が首相より高い給料を貰うのはおかしいと批判したのを受け、副首相のサエス女史は記者会見で逆にペドロ氏を批判した。


PSOEが政権を取っていた長い期間、予算削減をしたのは彼らであり、また私たちの給料まで口を出してきたのは彼らではないか。と女史は強調した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。