otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

これからはスタジアムの周辺も監視体制を敷く。とカタルーニャ州警察の局長

|

abatlle


EUROPA PRESS

今週の水曜日に起きたパリ・サンジェルマンのファン二名がカンプ・ノウスタジアム周辺でナイフを使った暴行事件を受け、「今日から、スタジアム周辺の監視もひつようになるだろう」とカタルーニャ州警察の局長アルベルト・バテル氏は発言した。

カタルーニャラジオに出演した氏は、容疑者を現在捜査中であり、バルセロナのホスピタル・クリニックに入院中の被害者の証言を待っている状態だと発言。


容疑者はバルセロナFCのウルトラス(フーリガン)である可能性が高く、まだ容疑者は見つかっていない。 「可能性として、容疑者は試合観戦に行かなかった人物ではないか。」と発言。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。