otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相 「様々な観点から検証してみると、経済危機はもう過去のものであるということができる。」

|

fotonoticia_20141211145606_644


Europa Press

マリアノ・ラホイ首相はこの木曜日にスペインの現在の経済に関して「様々な観点から、経済危機はもう過去のものであるということができる。」と言及した。


このように、「2014年から2015年へ向けての国際化、国際競争力強化の戦略プランに関する経営の集会」の閉幕式に言及。さらに、「この年末商戦は景気回復の幕開けとなる。」と付け加えた。「失業者の増加が止まったわけではない。 政府は今後も失業者増加傾向の問題に取り組んでいく。」と発言した。


多くのスペイン人の心配事は失業に関してであるが、ラホイ首相の目は希望の光で輝いていた。 「雇用を創造しなければならない。」と執行部長。また、「この調子でいけば、2015年には明らかに失業率は22%以下になる。」と続けた。


2013年から実施している”100ユーロの定額値下げプラン”(”tarifa plana” de 100 eurosのこと。 経営者が労働者一人を雇用すると社会保険料を一律100ユーロ値下げする政策 契約社員等は対象外)により、2013年11月から400,000人もの雇用を創造した。「急激に減少はしていない。 しかし、確実に失業者の数は減っている。」とラホイ首相は発言。


ラホイ首相は会をこのように締めくくり、対外に向けスペインの経済回復基調を強調し、スペインの企業の輸出を応援した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。