otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カンプノウの近くでパリ・サンジェルマンFCのファン2人が暴行を受ける。

|

campnou29305

パリ・サンジェルマンFCのファン2人が、カンプノウスタジアムの近くで暴行を受けた。 バルサと、サンジェルマンFCの試合会場の近くであった。


この2件の事件は応援するフットボールチームの対抗関係が原因と見られている。


初めの事件はマドリッド通りで22時30分に起こった。刃物で刺され、現在バルセロナのホスピタルクリニックに入院している。胸膜炎の疑いがある。 フェリッペ・デ・パスをパトロールしていた州警察にの証言によると、犯人は二人で、目出し帽を被っていた。


その15分後、スタジアムの近くでもう一つの事件が起こった。 目撃証言によると、携帯電話を奪おうとして犯人がナイフで切りかかった模様。  


警察の情報によると、現在この二つの事件とサッカーの試合の関連を調査中。 


ホスピタルクリニックに入院中だった被害者は、現在安静中。 危険な状態から回復した模様。 また、もう一人の被害者は退院した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。