otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州の企業家の多くは独立に反対。

|

arturmas45385


政治的不透明さ及び不安定さは企業の大敵である。 カタルーニャ州の企業にとっては特にだ。 州独立運動に日々不安を募らせている。



「毎日少しずつマス州知事と、ERC党の思惑に流されいるのではないか。」と、ある64歳のカタルーニャ州の社長は不満も漏らした。 カタルーニャ州独立運動によるカントリーリスクは日々上がっており、外国からの投資が2014年1月から6月までに33%減少し、特にカタルーニャでは58%も減少した。 これは、5億300万ユーロの投資があったが、2013年の同時期に比べると7億4500万ユーロの減少である。  また、2012年からCIUは12議席減らしている。 さらに、欧州連合からの脱退や、国内総生産の大幅な減少も危惧している。


「一番の問題は、州独立のプロセスにある。 カタルーニャ州自体が2つに分かれた場合、私たちのようなワイナリーは、ワインを造ることすら困難になりかねない。 州政府はこのような問題に対してなんら解決策や説明をしていない。 センチメンタルで独立運動をしている。 これ以上問題を長引かせることはできない。 中央政府と、州政府が絶交することなく、妥協点を見つけて和解すべきである。」と締めくくった。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。