otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

憲法改正よりも、汚職問題と経済改革を。 ラホイ首相

|

rajoyconsti53318

12月6日土曜日スペイン憲法記念日にラホイ首相は連立政権のスペイン社会労働党に対し、現在我々が優先すべきものは、経済危機から脱すること及び政治汚職問題を解決することである。 憲法改正をするべき時期ではない。 と語り、一層の協力をもとめた。


65%のカタルーニャ州住民が憲法改正に賛成であるということに対してラホイ首相は、「皆の意見はそれぞれ違うだろう、重要なことは、何を目標として憲法改正をしたいかだ。」語った。


私たち政治家は様々なことに対して間違った道を歩まないよう、きちんと評価していかなければならない。 スペイン国は今、他になすべきことがあるのだ。」と語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。