otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ビラデカンス市・アルバローザ老人ホームの近隣住民がヴォーダフォンと、市に対し新しいアンテナ設置に関し説明会を開く

|

vecinosalbarrosa53191


この木曜日にビラデカンス市とヴォーダフォンに対し、アルバローザ老人ホーム近隣住民が新しいアンテナ設置に関して説明会を開き、アンテナ設置を中止するよう求めた。 市からはマリア・サルメロン助役、ルイス・アティエンサ助役が出席した。


ヴォーダフォンがアンテナを設置する予定の場所は、アルバローザカジノ(レストラン)

サルメロン助役は会議の中、声を荒げて「なぜこの問題に関し、あなたたちが市を攻撃するのか。」と発言。 


近隣住民は新しいアンテナ設置に対し、健康面で不安を抱えている。 また、他の場所にアンテナ設置するための費用を一部持つことも考えている。 もし、計画通りアンテナが設置されれば、ヴォーダフォン製品へのボイコットを計画している。 現在近隣住民は設置中止を求める署名を集めている。


助役たちは住民の質問に応えるべく次回の会議を約束した。 また、近隣住民側は、解決の糸口が見つからない場合、産業・エネルギー・観光大臣のホセ・マヌエル・ソリア大臣に書簡を送る用意だ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。