otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインの年末ジャンボ宝くじ。 最後の数字は1を狙え!

|

loteriabola27288

幸運を呼び寄せる方法はごまんとある。 スペイン人たちは縁起を担ぐのがとても好きで、特に年末ジャンボ宝くじはスペイン人もかなえたい夢の一つだ。 セルビアプエスタスの情報によると、最後の数字が1か9だと、一等を狙える可能性が増えるのだそうだ。 


確率的にいえば、過去に一番でた数字を狙うのは間違っており、今まで出ていない数字を狙うべきだ。  また、各数字が一等として世に出た回数は20回であると確率論では語る。 一等の最後の数字が出た回数のうち、「1」は8回。「9」は16回出ている。 つまり、一番出なかった数字「1」、もしくは一番出た数字「9」を狙うべきだ。 また、過去108回の当選回数のうち、95回が奇数が出た。


因みに。。。


48677が特別な数字である。


なぜか。


それは、1966年に年末ジャンボ宝くじ一等が当たった数字だからだ。

1966年に何が起こったかといえば、ユーロビジョンコンクールにてオーストリアの歌手が優勝。 アトレッティがリーガ優勝。 マドリッドがチャンピオンズ優勝。 さらにスペインが一次予選でサッカーワールドカップ予選落ち。 ベティスが2次リーグに落ち、コルーニャが1次リーグに上がった。



ということは。。。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。